2016年9月24日

腸内フローラ改善の為に私がしている生活習慣。

私は腸がそんなに強い方ではないので、度々便秘を繰り返したり、胃腸が痛くなったり、または胃腸が強くないことからアレルギー体質を引き起こすことがありました。

それらの全てを解決するには、腸内フラーラ改善する為に生活習慣を変えた方が良いと言う話しを親しいママ友から教えてもらったので、早速実践しています。

まず、私がしている習慣は。

①朝食はバナナと野菜を入れてスムージーに。

c23
今までは朝食を食べない事が普通でした。しかし朝もきちんと腸内に食物を届けないと、便秘体質は改善したないと事なので、スムージーを朝食代わりに飲むようにしました。

特にバナナは免疫力がアップして腸内フローラを改善してくれる果物だそうなので、バナナ、豆乳、小松菜を入れる事が多いです(そのほか豆乳の代わりに飲むヨーグルトや季節の野菜を加える事もあります)

②酵素を身体に摂取すると腸内フローラの改善になるとのことなのです。

c24
そこで最近、私が愛用しているのは酵素サプリです。サプリメントならば自宅でも外出先でも手軽に飲めることから毎日飲むことが苦痛ではありません。
薬ではないので飲む時間も気がついた時で良いところが手軽です。

③食物繊維、発酵食品、オリゴ糖を積極的に摂取する。

腸内フローラを改善させて整える上で、この3つのものは欠かせません。
あまり神経質になる事も苦痛になりますが、意識的に3つのものが身体に入りようにしています。
c25
食物繊維が豊富なごぼう、さつま芋、かぼちゃ、人参、竹の子のきんぴらを作り置きしたり、発酵食品の代表的なキムチ納豆意識的に食べたり、オリゴ糖が含まれるドリンクを飲んだりすれば手軽に摂取できます。

④寝る前に腸のマッサージをする。

就寝前の5分の腸内マッサージは腸内全体をほぐして効果的です。
仰向けに寝て、両膝を立てて、腸を時計周りにゆっくり優しく5分程度マッサージします。
翌日はとても快適です。
c26
私は上記の事をして普段から腸内フローラを改善しています。

日常生活の改善で行える腸の健康維持

世の中の多くの方が自身の健康面において日々対策を行っているかと思われます。
人間の体内には多くの消化器官が存在していますが、特に腸は重要な器官の一つと言えます。
c27
そんな腸の健康維持は日常生活で改善する事が出来るのです。
腸の健康維持にとって大切な事について掲載していきます。

まず運動不足によるものです。

普段からあまり運動を行わない方は腹筋が弱くなっている傾向があります。
腹筋の低下は腸の働きの低下にも繋がり、便秘になりやすくなってしまいます。
便秘になり排便が促されない状態のままでいると、体内には不要となった老廃物や毒素が蓄積されてしまいます。
c28
これらが蓄積されてしまうと、腸内では悪玉菌が増殖されてしまいます。
悪玉菌の増殖は腸を不調にし、あらゆる症状を引き起こす原因となってしまいます。
日常的に運動を行う事によって排便が促進され、腸の健康を害する素を蓄積させないような環境作りを行う事が重要となってきます。

次にストレスを溜めこまない事です。

人はストレスを感じる事で飽和脂肪酸を分泌させてしまうのです。
この飽和脂肪酸は脂質となってしまい、この脂質が蓄積される事で血液の流れが悪循環となってしまいます。

血液の悪循環によって腸の働きに必要な栄養成分の行き届かなくなり、腸の働きも低下してしまうのです。

さらにストレスは自律神経の働きをも衰えさせてしまい、排便にも影響を与えてしまいます。
c29
排便の回数の低下は老廃物等が排出されないまま蓄積されてしまう原因となってしまい腸内環境にも悪影響を与えてしまうのです。

ストレスを溜めないように日常的に趣味事や運動に発散させ、リラックスする事が重要となってくるのです。

腸の健康は日常生活の改善にて維持する事が可能となってくるので、まずは自身の日常生活を見直す事が最も重要となってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です