2016年9月24日

腸内フローラを改善する為に効果的な食材とは

腸内フローラの状態を良くすることは、身体の免疫力を向上させる為に必要です。
腸内フローラを改善させる為には規則正しく食事を摂るだけではなく、食材選びも大切になります。

・オリゴ糖は大切

c7
腸内フローラを改善させる為に必要な食材として「オリゴ糖」が挙げられます。
オリゴ糖は腸内フローラの中でも善玉菌であるビフィズス菌のエサになります。
胃や小腸で吸収されずに大腸まで到達するので、他の食材よりも効果が期待できます。

オリゴ糖が多く含まれている食品としておすすめなのがゴボウと玉ねぎです。
どちらも和食系に使える食材ですので、肉じゃがや煮物など和風テイストにすると食べ易くなります。
その他には納豆やバナナなどもオリゴ糖を豊富に含んでいます。

最近ではオリゴ糖が含まれサプリも販売されていますので、足りない分を補うと良いでしょう。

・食物繊維も必要

腸内フローラ改善の為には、食物繊維も必要です。
c8
食物繊維も善玉菌のエサになってくれて、更には腸の運動を活性化させる効果があります。
食物繊維が豊富に含まれている食材としては、生野菜が一番です。
レタスは特に効果が期待されていますので、なるべく摂取する様にしましょう。
その他にはさつまいもや海藻も食物繊維が豊富です。
上記のオリゴ糖が含まれいる野菜として紹介したゴボウにも、食物繊維が豊富に含まれています。
腸内フローラを改善したい人にとって、ゴボウはピッタリの食材なのです。

食物繊維に関しては、サプリで摂取する方法もありますが、あまり大量に摂取するとお腹が緩くなることもあります。
なるべく自然に食材で摂取する様にした方が余計なストレスを抱えずに済みます。
c9
腸内フローラは毎日の食生活を見直すことで、1か月~2か月で少しずつ改善されていきます。
すぐには効果が認められなくても、根気良く毎日正しい食生活をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です