2016年9月24日

腸内フローラは乳酸菌だけでは良くならない。寒天も一緒に食べると有効。

腸内フローラを良くするために、いろいろな種類のヨーグルトが売られています。
R1とかビフィズス菌やガゼリ菌、ラブレ菌とかいろいろで、どれを飲んだらいいんだろうと迷うほどです。

そんな時には、一つに決めてしまわないでいろいろな種類のヨーグルトを試していくのが一番です。

c30
乳酸菌には大腸に効くもの、小腸に効くもの様々です。
また乳酸菌は動物性のもの、植物性のもの様々で、人によっては動物性の乳酸菌が合う人もいますし、植物性の乳酸菌が合う人もいます。

ヨーグルト以外にも味噌やキムチ等本当に様々な食品に乳酸菌が含まれています。ですからヨーグルト一種類に固定してしまわないで、乳酸菌の含まれるいろんな食品を毎日必ず食べていくと改善効果は現れます。

ただ気をつけて行かなければいけないことは、乳酸菌を摂っても、その乳酸菌の栄養源となって腸内を活性化させるものも食べていかなければなりません。

そのために植物繊維を継続的に摂っていくことが必要なんですが、これは簡単な様でいて、けっこう大変な作業です。特に野菜嫌いな方には結構面倒なことです。
c31
よく植物繊維入りのジュースとかありますが、これを摂りすぎると血糖値が上がってしまします。

あとは植物繊維ドリンクや薬もありますが、嗜好的に合わない人も多く、価格がけっこう高くなります。

そんな方にお勧めなのが寒天です。

自然な食べ物で黒蜜入りで100円程度で売っています。
食物繊維を豊富に含んでリーズナブルな価格で、しかも美味しい。
c32
これにお好みで果物を入れたり、餡をのせて食べると、健康的なおやつになります。
子供も喜んで食べますでしょうし、あんみつや、みつまめに比べて安い値段で、量も多めに食べることができます。

甘いパンやケーキを食べるよりは健康的で、腹持ちも良く、特に運動していて喉が渇いた時には喉にするりと入るので、とても食べやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です